新入荷!夏の美容オイルとして使いやすい【ココロコスメ オーガニックココナッツオイル】

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 1

ガーナ産の天然100% ココロコスメ オーガニックココナッツオイルが新入荷しました!

ココナッツオイルはヤシの実から採取したシアバターと同様、太陽がガンガン降り注ぐ南国の人達の肌を守ってくれる美容オイルですが、軽くてベタつかずに夏の時期に使いやすい。

若返りのビタミンと言われる ビタミンEを多く含んでいるのでエイジングケアに効果的で、保湿力が高く抗菌・抗炎症作用があるので、乾燥肌・ニキビ肌・肌荒れ・敏感肌の方にオススメしたい美容オイルです。

🌸詳細・購入はこちら⇒ココロコスメ オーガニックココナッツオイル / ABCオーガニック


ココロコスメ オーガニックココナッツオイルの特徴

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 中1

ココロコスメのオーガニックココナッツオイルは、ガーナ産のココナッツの果肉から抽出して精製した美容オイル

固体になっているのですが、20~25度でオイル状になるので、日本の夏の気候ではオイル状になり、夏は冷蔵庫保管が良いです。

固体から液体に変わっても成分の状態は変わらず、安心して使えます。

主な脂肪酸は、ラウリン酸(抗菌・抗炎症)、ミスチリン酸(肌老化防止)、パルミチン酸(皮脂分泌抑制)。

美容オイルのなかでも、肌荒れ・敏感肌・ニキビ肌などの肌トラブルケア・防止に向いています。

ニキビ肌は皮脂が多いのになぜ美容オイルを・・・
と思いがちですが、10代のニキビと違って乾燥肌で肌が危機感を感じ皮脂を多く出している場合があるので、乾燥肌+ニキビ肌って言う方も多いんですね。

ニキビ肌だから美容オイルなどの油分はゼロと言うのは肌にとって危険で、程良く使うことでニキビのできにくい肌にしていく。

美容オイルの中に含まれている脂肪酸のオレイン酸は、アクネ菌のエサになるからニキビ肌にはグレーゾーンと言う美容オイルがあるけど、ココナッツオイルはオレイン酸が含まれていないので、20代・30代の大人ニキビのケアに適しています。


抗菌・抗炎症作用がある

ココナッツオイルは、母乳に含まれるラウリン酸を含有している美容オイルなんですね。

しかも、ココナッツオイルの持つ脂肪酸のうち約50%を占めていて抗菌・抗炎症作用があるので、肌荒れ・敏感肌・ニキビ肌などに効果的です。

肌を健やかな状態に保つために常在菌がいるのですが、何らかの原因によって常在菌が増えたり減ったりします。

良く知られているのが常在菌であるアクネ菌と黄色ブドウ球菌で、アクネ菌が増殖するとニキビができやすいくなり、黄色ブドウ球菌が増殖すると肌がかゆくなる。

さらには、肌荒れ・敏感肌を起こしてしまいます。

こんなニキビ肌や肌のかゆみと言った肌トラブルをココナッツオイルの抗菌作用で起こりにくくし、肌荒れ・敏感肌などの炎症には抗炎症作用が役に立ちます。


皮脂をサポート

弱ったセラミド
(乱れたセラミド)

肌荒れ・敏感肌・乾燥肌は、皮膚の構造として、角質層の上層部にあるセラミドが整っていないために、外部からの刺激が皮膚の中に入り込んでピリピリしたり、保湿できない肌になってしまうと言うのがあるんですね。

セラミドは強過ぎる洗浄成分による洗顔・クレンジングで流れ出してしまうため、洗顔・クレンジングが重要なのですが、もう一方では皮膚を守る皮脂膜のサポートが必須!

※参考記事(ショップ内のコラム)
敏感肌・肌荒れを治したいなら洗顔・クレンジングの見直しと肌バリアに着目したい

正常なセラミド
(正常なセラミド)

ココナッツオイルは、皮膚を正常な状態に保つために重要な常在菌と皮脂膜のサポートに役立つので、乾燥肌・敏感肌・肌荒れ・ニキビ肌に効果的な美容オイルです。

敏感肌・肌荒れなどになってしまった肌のケア、さらには敏感肌・肌荒れになりにくい肌にすると言う事です。


抗酸化作用でエイジングケア

ココナッツオイルはビタミンEも豊富で、ストレス・過労などで多量に発生する活性酵素を除去する働きの抗酸化作用を持っていて、肌のシミ・シワ・たるみなどの肌老化防止に役立つので、エイジングケア世代に効果的。

保水・保湿できる肌にするのはスキンケアの基本で、抗酸化作用と言っても目に見えない部分なので、いきなり肌に変化が出ることではないのですが、肌にシミ・シワ・たるみができる前にエイジングケアを意識したスキンケアにした方が将来的な美肌作りに役立ちます。

となると、30代・40代・50代の方はどうなの・・・となりますが、思い立ったが吉日で、肌悩みに応じたスキンケアで抗酸化作用を持ったスキンケアにすることで、肌老化抑制につながるので遅いと言う事はないです。


ココロコスメ ココナッツオイルの使い心地

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 2
(スパチュラは付属していません。)

関東地方の5月の昼間の気温は20度を超えているので冷蔵庫に保管しており、冷蔵庫から出したばかりのオイルが固体になっている状態の写真です。

スパチュラでココナッツオイルの表面を削るようにして使っています。

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 肌に伸ばして1
(ココナッツオイルを肌に伸ばして)

20~25度であっという間にとろけてオイル状になるので、簡単に肌に伸ばせます。

肌に伸ばしたばかりはオイル感いっぱいでギトギトして見えますが、ココナッツオイルはサラッとしているんですね。

肌なじみが良く、手の平で伸ばしていくとベタつきがなく肌にヴェールを掛けたようになります。

写真のケースのココナッツオイルは溶けている感じになっているのが分かると思います。

本来であれば、使う分だけ取ったらそのまま冷蔵庫に入れてしまうので、“固体⇒オイル状⇒個体” と言うのを繰り返すことはないです。

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 塗った肌
(ココナッツオイルを塗った肌)

ココナッツオイルを塗ったばかりの時はオイル感が肌に残っていますが、10分ほどでオイル感が消えていきました。(塗った量にもよる。)

ココナッツオイルは固体になっている状態で使うので美容オイルと言う感じはしないかも知れませんが、美容オイルなので1回使用量はわずかでいいんですね。

1回量はこのくらいと言うのではなく、ご自身にあった程良い量を決めて使うと良いと思います。

また、朝は少なめにして夜は多めにするなどもOK!

ココナッツオイルを使っていると肌が柔らかくなった感じなんですね。

これは上質の美容オイルの特徴でもあって、肌が柔らかくなると肌の再生が整い古くなった角質が剥がれやすくなる。

さらに、角質が溜まらないと言う事は肌がくすみにくくなる。

ココナッツオイルに限ったことではないのですが、美容オイルをうまく使うと乾燥肌・敏感肌・肌荒れの抑制ばかりでなく、肌状態を正常な形に戻すのに役立ちます。

どんな美容オイルを使うかは美容オイルの持っている特徴も様々なので肌悩みに合った美容オイルを使った方が良いのですが、混ざり気のない美容オイルを使うことで肌への負担が掛からずオススメです!(^^)!

サラッとした軽い使い心地で南国を感じさせる夏のスキンケアですが、ココナッツのほんのりとした甘い香りを好きかどうか、好みが分かれるかと思います。

香料ではなくナチュラルな天然のココナッツの香りなので、つけていて香りは消えやすいです。


ココナッツオイルの使い方

・デイリーケア
・オイルパック
・オイルマッサージ
・ハンドケア
・ヘアケア
・ボディケア
・ベビースキンケア

ココナッツオイルは抗菌・抗炎症作用、抗酸化作用を持っていて、全身に使える美容オイルです。

🌸使い方はショップ内の商品ページにあります。
ココロコスメ オーガニックココナッツオイル / ABCオーガニック


内容量・価格

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 3

内容量: 45g
価格: 1,300円(税込)


全成分: 天然100%ココナッツオイル

【こんな方におすすめ】
・肌が弱くてすぐ肌が乾燥する
・敏感肌・肌荒れの方
・皮脂不足の方
・スキンケア全体でエイジングケアをしている方


こんな方の夏のスキンケアに良いかと思います。

もちろん、冬でも良いのですが・・・(^-^;
ココナッツの香りが夏のイメージで、サラッとしているから夏にぴったりだと思ってしまうのは私だけかも・・・(>_<)


🌸詳細・購入はこちら⇒ココロコスメ オーガニックココナッツオイル / ABCオーガニック

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル バナー1


関連記事
肌荒れ乾燥肌敏感肌ボディケアエイジングケアニキビ美容オイル角質ケア肌のくすみオイルパック

0Comments