完全無添加オーガニックの手練り石鹸【Ondo 石鹸シリーズ】の特徴・泡立ち・使い心地

Ondo 石鹸各種

こんな石鹸見たことがないと思ったほどカチカチで、水を一切使わない手練り石鹸洗顔石鹸・ボディ石鹸として使える Ondo 石鹸シリーズ

シリーズによって異なるのですが、水分として使っているのは白樺樹液へちま水

石鹸に加えている成分の良さを損なわないようにしながら、出来上がった石鹸を手で丸めて自然乾燥しているので、バスルームに置いたままでも溶けないんですね。

ぎゅっと詰まった石鹸と言った感じで、2~3回洗顔泡立てネットに擦っただけでこんもりするほどの泡ができ、コスパの良さがバツグン!

しかも、石鹸素地に使われているのがパームオイル・ココナッツオイルで、それぞれの特徴を活かしながら絶妙な配合になっていて、肌に期待できる部分と使い心地の良さを出している。

Ondoシリーズは、我が子のアトピーをきっかけに自ら会社を辞めて有機栽培農業を始めた山澤清のオーガニックコスメで、化学合成成分を一切使っていないばかりでなく、妥協のないオーガニックコスメです。


石鹸素地が絶妙

Ondo クマザサ石鹸 1
(Ondo クマザサ石鹸)

石鹸の目的は、肌についた汚れや不要な皮脂を取り除くこと。

肌のことを思えば洗浄力が高すぎても弱過ぎてもダメで、当然のことながら使い心地にも目を向けたい。

Ondoの石鹸シリーズの石鹸素地(ベース)はパームオイルココナッツオイル


パームオイルの特徴

アブラヤシの果実を絞ったオイルで、皮脂に含まれるパルミチン酸とオレイン酸が約80%を大半を占めていて、皮脂不足で皮脂膜が弱っている肌のサポートをしてくれます。

乾燥肌・敏感肌・肌荒れなどの肌は、肌の中に刺激を与えない・外部からの刺激を入れないようにする角質層の乱れや、皮脂膜が洗顔・クレンジングなどで取り除かれてしまっていて、肌を保護することができない状態なんですね。

石鹸は肌についた汚れや不要な皮脂を落とすのが目的とは言っても、石鹸によっては肌を傷めかねないことなので、肌を保護しながらクリアな肌を目指すのに最適です。

また、石鹸に使用すると型崩れしにくいのですが、水に溶けにくいので泡立てが悪いのですが、泡立てた泡そ持続させるのが得意なオイルです。


ココナッツオイルの特徴

ココナッツオイルは、母乳の持つ飽和脂肪酸であるラウリン酸を自然界で唯一持っていて、全体の50%を占めていて栄養豊富なオイルです。

また、飽和脂肪酸であるミリスチン酸を15%含んでいるので大変泡立ちの良い石鹸を作れますが、多過ぎると肌への刺激が懸念されるオイルです。

Ondoの石鹸シリーズの良さは、このパームオイルとココナッツオイルを絶妙なバランスで配合し、肌への刺激や保護、使いやすさ・使い心地を考え抜いていること。


成分表記は多い順に書く決まりがあるので、パームオイルが多めになっていて、どのくらいかは企業秘密でしょうから分かりません(^-^;

まとめると・・・
パームオイルで肌の保護・泡立ち持続・石鹸に固さを持たせる、ココナッツオイルで泡をたくさん作り肌についた汚れや不要な皮脂をクリアにする。


Ondo 石鹸シリーズの特徴

Ondo ローズヒップ 石鹸2
(Ondo ローズヒップ石鹸)

ローズヒップ・ローズマリー・黄カラスウリ・クマザサ・スイカ、さらには赤ちゃん用があり、ベースとなる石鹸素地に特徴成分を食われて作られています。

【加えている水分の違い】
白樺樹液
白樺樹液には、糖質やアミノ酸、リンゴ酸、ミネラル類、タンニンやサポニン、フラボノイド(ケルセチン、ルテオリン)、ビタミンCなどが豊富に含まれており、肌の引き締めや制汗・血行促進・消炎・保湿効果があります。ヨーロッパでは皮膚病や外傷の治療に古くから使用されるほどで、肌荒れ・乾燥肌・肌再生の遅れが気になる方に役立ってくれます。
ローズヒップ・黄カラスウリ・クマザサ・スイカに使用

へちま水
へちま水は弱酸性でクラスターが天然成分なのに小さいので、肌に吸収されやすく肌に優しい水分です。
古くから日本で使用されいて、あせも、ひび、あかぎれ、日焼け後の手当てに効果的と言われ、へちま水含有のヘチマサポニン、ペクチンなどは保湿に優れています。
ローズマリーに使用


Ondo 石鹸シリーズの成分内容

例えば・・・
【 Ondo ローズヒップ石鹸の原材料】
石けん素地(パームオイル・ココナッツオイル使用)、白樺樹液、ローズヒップエキス

Ondoのスキンケアシリーズ全体で言えることなのですが、ただ単に完全無添加オーガニックコスメと言うのではなく、使う人のことを第一に考えて作られていて、成分の良さを損ねないのと同時に使いやすさも考えているんですね。

自社農園で有機栽培によって作られた植物を最大限に引き出す努力をしていて、まるでお饅頭のような手で丸めたゴツゴツの手練り石鹸で決してオシャレではないです(^-^;

ほとんどの石鹸は出来上がった石鹸を型に流すか棒状にして切るのだけど、Ondoの石鹸は1つずつ丸めている。

このゴツゴツが、石鹸に対する思いやり、人のぬくもりを感じられる。

だから大量生産できないんですけどね。

🌸詳細・購入はこちら⇒Ondo こだわりの手練り石鹸 / ABCオーガニック


Ondo ローズヒップ石鹸の泡

Ondo 石鹸の泡

完全無添加で泡をモコモコにする成分(発砲剤)は特別に配合していないのに、生クリームのようなきめ細かい濃密な泡がたっぷりできます。

泡がしっかりとしているのを伝えたくて、あえて写真は泡を整えていないです。

この泡を泡立てネットで作るのに、石鹸を泡立てネットにほんの少し擦るだけ。

見た目では分からないのですが、「濃い石鹸」と言いたいくらいで、1個70gの石鹸が約3か月は使えます。

泡は洗顔時に肌と間でクッションの役目をしてくれるので肌を擦らず刺激を与えないのと、泡の表面が多いほど肌についた汚れや不要な皮脂をしっかりと落としてくれるんですね。

泡の良さが洗顔石鹸の良さと言うわけではないですが、泡立てるタイプの石鹸で泡は重要な部分でもあります。


Ondo ローズヒップ石鹸の使い心地

洗顔後のは、肌がツルンとしていて指がスルスルと肌の上をすべるようで、汚れが肌に残っている感じはなくスッキリ

肌のつっぱり・ヌルつきはなく、しっとり感も全くないです。

肌についた汚れや不要な皮脂だけを落として、「これぞすっぴん素肌」と言った感じです。

スキンケアは使う方の好みがあるので、特にさっぱり系がお好みの方に良いかと思います。

また、こんなにしっかりした泡なのに、泡切れがすごくいい!

髪の生え際まできれいに泡を落とすのはもちろんですが、数回のすすぎで泡がなくなってしまうほど泡切れがいいから洗顔でのストレスにならない点ですね。


Ondo 石鹸シリーズの内容量・価格

Ondo スイカ 石鹸

内容量: 70g
価格: 1,944円(税込)、または 2,160円


1個で約3ヶ月使えるので、ものすごくリーズナブル!


ベースとなる石鹸の特徴は同じですが、シリーズにより特徴が違うので参考までに・・・

【ローズヒップ】
抗酸化作用(肌老化防止)、敏感肌・肌荒れ・ゆらぎ肌、肌のくすみに効果的です。

【黄カラスウリ】
黄カラスウリの実には、肌の修復機能や乾燥肌の改善に効果的で肌荒れ・敏感肌などにおすすめです。Ondoシリーズの中で、ひどい敏感肌・肌荒れの方にオススメしたいスキンケアです。

【ローズマリー】
肌の活性化、抗菌作用があり、収れん作用による肌の引き締めや、肌の老化防止に効果的でメラニン色素抑制にも期待ができます。

【クマザサ】
クマザサパウダーの成分の特徴として、保湿・抗菌・消臭効果があり、混合肌・脂性肌・ニキビ肌に効果的。また、皮脂バランスを整えるのに期待が持てます。

【スイカ】
スイカの持つシトルリンは血管拡張・血流改善に効果的で肌の代謝をアップに。抗酸化作用(肌老化防止)、肌のハリ・ツヤのアップ、美白に効果的です。

洗顔石鹸・ボディ石鹸としても使えて、肌状態・肌悩みに合わせたシリーズをお選びいただけます。

また、生まれたばかりの赤ちゃんの沐浴から使える 赤ちゃん用シリーズもあります。


🌸詳細・購入はこちら⇒Ondo こだわりの手練り石鹸 / ABCオーガニック

abcオーガニック セレクトショップ

関連記事
洗顔料肌荒れ乾燥肌抗酸化作用白樺樹液ローズヒップ肌のくすみ角質ケアエイジングケアニキビ

0Comments