最新記事

2019-07-21 美容情報
肌の再生によって古くなった角質が自然に剥がれ、通常は28日サイクルですが、20代をピークに肌機能は衰え始めるので、40代になると年齢プラス10日くらいになると言われています。古くなった角質が肌にいつまでも残っていると、肌がくすんで見える、肌がゴワつく、化粧水などの浸透が悪いなど、肌の感じが変わってきます。また、毛穴に皮脂が溜まり、毛穴の開き・黒ずみ、ニキビができやすくなるなどの肌トラブルを起こしやすくもな...

記事を読む

2019-07-20 美容情報
肌のシミ予防、肌がゴワつく、肌のくすみ、シミができやすい、さらには毛穴の開き・黒ずみと、肌悩みには個人差がありますが、こんな悩みのある方は肌代謝を上げる方法を身につけることで改善される可能性大!肌代謝を上げると肌の再生が正常に行えるようになり、不要となった古い角質(垢)が肌から剥がれやすくなります。古い角質が肌に残ったままになっていると、肌がゴワつく、肌のくすみ、シミができやすい、毛穴の開き・黒ず...

記事を読む

2019-07-15 美容情報
肌の乾燥は、ただ単に乾燥してカサカサするばかりでなく、肌のシワ・たるみの原因になります。肌の乾燥を放っておくと、まだまだ若い肌でいられるはずの30代なのに、ほうれい線や目の下のたるみなどが出てきてしまうかも知れません。スキンケアで乾燥肌対策も大切ですが、毎日の生活で気にして欲しいのが水分補給。夏の肌も乾燥しやすい肌の乾燥しやすいのは空気が乾燥している時期ですが、実は夏も肌が乾燥しやすい時期なのです。...

記事を読む

2019-07-14 美容情報
アルガンオイル・ホホバオイルのような美容オイルは肌を保護・保湿するばかりでなく、敏感肌・肌荒れ・エイジングケアなどに効果的な美容成分を含んでいて、年間通して使いたいと思っています。ベタつかず使いやすいオイルと言ってもオイルはオイルで、フェイスケアの場合肌に残るオイル感を少なくして、快適に使いたい。特に朝はスキンケアの後にメイクをするので、オイル感を少なくして早めにメイクをしたいものです。そこで、夏...

記事を読む

2019-07-13 ココロコスメ
少し前にココナッツオイルをコーヒーに入れたり、食で利用するのがブームになりましたが、ココナッツオイルはスキンケアに使っても美肌に効果的。若返りのビタミンと言われる ビタミンEを多く含んでいるのでエイジングケアに、保湿力が高く抗菌・抗炎症作用があるので、乾燥肌・ニキビ肌・肌荒れ・敏感肌の方にオススメしたい美容オイルです。20度~25度で固体から液体になるのですが、クレンジングや唇がガサガサ、髪のパサつきな...

記事を読む

2019-07-11 ナーブルスソープ
主婦のお仕事のひとつ 食事の支度につきものの食器洗い。一般的なキッチン洗剤は、食器についた油を落とすために界面活性剤がけっこう強いんですね。食器洗いのあとは手がガサガサして手荒れをしてしまう方も少なくないと思います。完全無添加石鹸は万能で、キッチン洗剤としても使えて、肌にも優しいから手荒れの心配がない!ABCオーガニックのショップで取り扱っている石鹸はすべて無添加石鹸なのでキッチン洗剤として使えるの...

記事を読む

2019-07-09 ナーブルスソープ
完全無添加オーガニックオリーブオイル石鹸のナーブルスソープは、クレンジングできる石鹸で、肌に負担となりやすいクレンジング剤を使わなくて良いので、肌荒れ・乾燥肌、敏感肌の方は特にクレンジングとして使ってみて欲しい洗顔石鹸なんですね。クレンジングできる石鹸と聞いても、本当にメイクオフできるのか・・・と思われる方もいらっしゃると思います。どんなメイクでも一度でクレンジングできると言うのではなく、メイクに...

記事を読む

古くなった角質をなくして毛穴の開き・黒ずみ、肌のゴワつき、肌のシミ・くすみ・ニキビになりにくくする

女性の顔

肌の再生によって古くなった角質が自然に剥がれ、通常は28日サイクルですが、20代をピークに肌機能は衰え始めるので、40代になると年齢プラス10日くらいになると言われています。

古くなった角質が肌にいつまでも残っていると、肌がくすんで見える、肌がゴワつく、化粧水などの浸透が悪いなど、肌の感じが変わってきます。

また、毛穴に皮脂が溜まり、毛穴の開き・黒ずみ、ニキビができやすくなるなどの肌トラブルを起こしやすくもなります。

昨日の記事 シミ予防・肌のくすみ・ごわつき・毛穴トラブル・エイジングケアのために肌の代謝を良くして肌の活性化 でも、肌の代謝を良くして古くなった角質が溜まらなくしたいお話をしましたが、古くなった角質のいたずらを避けるために、古くなった角質の事をさらに掘り下げてお話しします。


古くなった角質除去による効果

角質の剥がれ

皮膚の上部の角質層は死んだ細胞で、新しい細胞が生まれてくると、古くなった細胞がどんどん皮膚の上部に押し上げられてきます。

この角質の中でも古くなった角質は肌トラブルのもとになりやすいです。

古くなった角質をケアすると肌トラブルになりにくくなるので、必要に応じてナチュラルに古くなった角質ケアは行った方が良いです。


毛穴の開き・黒ずみをなくす

毛穴の奥に皮脂分泌腺があり、多かれ少なかれ毛穴から毎日皮脂が分泌されていますが、古くなった角質が溜まっていると毛穴をふさいで分泌された皮脂が外に出なくなってしまいます。

この皮脂が毛穴に詰まることで毛穴が開き、皮脂が酸化して黒ずんでくるのです。

邪魔をしている古くなった角質をクリアにすると、出てきた皮脂を毛穴から溜まりにくくなります。


ニキビになりにくくする

ニキビのできる原因は、肌の乾燥・皮脂分泌過多・ホルモンバランスの崩れなどですべて皮脂に関わっています。

肌は乾燥すると体の機能として危機感を覚え、必要以上に皮脂を分泌します。

皮脂が出ているから肌は潤っているかのようですが、肌の中では乾燥しているインナードライの状態です。

皮脂が多く出るからスキンケアで油分はあまり使わない方が良いのではないかと勘違いしがちで、見極めも難しいのですが、頬がカサカサしているなど肌全体の観察から判断した方が良いです。

そのほかには、食生活で脂や油を多く摂っている、体質的に皮脂分泌が多いなどがあり、生理前になると黄体ホルモンが影響して皮脂分泌を多くしてしまう事もあります。

多く分泌された皮脂でも、不要な皮脂は洗顔で落とし、肌の保護のために必要な皮脂は肌の残している状態であれば、ニキビの原因にはならないのですが、古くなった角質が毛穴に残っている皮脂を出しにくくすると、この皮脂をエサにして常在菌の中のアクネ菌が増殖してニキビを作ってしまうのです。

ニキビのケアに必要なのは皮脂コントロールではあるのですが、同時に行いたいのが古くなった角質ケアで、皮脂を毛穴に残りにくくするとニキビ改善に効果的です。


シミになりにくくする


紫外線を浴びたり、摩擦などの肌への刺激によって、肌の奥の細胞を傷つけないようにするための防除策として、チロシナーゼ酵素を分泌してメラニン色素を作るように指令しメラニン色素が作られます。

メラニン色素はシミの元で嫌われ者のような扱いを受けますが、実は肌の奥の細胞を傷つけないようにしているからです。

ところが、このメラニン色素がお役御免となり肌から排出したいのに、肌の再生がうまくいかなくなり、肌の奥(基底層)に残ってしまい蓄積されてシミとなって現れます。

肌の再生に大きく関わっているシミですが、肌の再生により肌の外に排出させやすくすることでシミを作りにくくできるので、古くなった角質をうまく剥がれるようにすることで、メラニン色素を蓄積しにくくしてシミを作りにくくします。


肌に透明感を与える


皮膚の細胞は毎日生まれて古くなると角質(垢)となって皮膚から剥がれていくのですが、古くなった角質が皮膚の上部に残っていると肌がくすんで見えます。

赤ちゃんの肌はツヤ・弾力があるばかりでなく、透明感があるのは肌の代謝が良く古くなった角質がどんどん剥がれているからです。

古くなった角質を除去することで、比較的新しい細胞が皮膚の上部になるので肌に透明感が出てきます。


肌のゴワツキをなくし浸透の良い肌にする


皮膚の上層部にある角質層の細胞は最も古くなった皮膚の細胞で核を持っていないため、死んだ細胞になります。

その角質層のさらに古くなった角質(垢)は肌にとっては不要で、皮膚から剥がれるべきものなので、肌に残っているとゴワつきを感じます。

古くなった角質を剥がれやすくすることで、肌はゴワつきがなくなり浸透の良い肌になります。


古くなった角質ケアで肌トラブル防止

女性の顔1

身体についている古くなった角質(垢)は、そんなに目に見えて悪さはしませんが、顔の古くなった角質は毛穴の開き・黒ずみ、肌のゴワつき、肌のシミ・くすみ・ニキビの原因になりかねない存在です。

肌機能をアップすることで肌の再生を整え、古くなった角質が剥がれてくれれば良いのですが、肌機能アップと同時に古くなった角質ケアは気にした方が良いです。

肌状態を観察して、ナチュラルに古くなった角質ケアをして肌トラブルになりにくい肌にしていきたいです。


古くなった角質を剥がれやすくする方法としては、美容オイルで肌を柔軟にする、古くなった角質はタンパク質なのでAHA(フルーツ酸)により古くなった角質を柔らかくする、肌機能アップで肌代謝を良くするなどがあります。

好みや自身の肌に合った方法でナチュラルに角質ケアをすることをおすすめします。


オーガニックコスメ通販 ABCオーガニック 角質ケアの商品ページ

abcオーガニック セレクトショップ

シミ予防・肌のくすみ・ごわつき・毛穴トラブル・エイジングケアのために肌の代謝を良くして肌の活性化

1赤ちゃん

肌のシミ予防、肌がゴワつく、肌のくすみ、シミができやすい、さらには毛穴の開き・黒ずみと、肌悩みには個人差がありますが、こんな悩みのある方は肌代謝を上げる方法を身につけることで改善される可能性大!

肌代謝を上げると肌の再生が正常に行えるようになり、不要となった古い角質(垢)が肌から剥がれやすくなります。

古い角質が肌に残ったままになっていると、肌がゴワつく、肌のくすみ、シミができやすい、毛穴の開き・黒ずみと言った肌トラブルばかりでなく、肌に与えたい美容成分の浸透が悪くなります。

もちろん!
これらの肌悩みばかりでなく、肌機能が衰えてくる世代のエイジングケアのためにも、肌の代謝を上げるのは大切です。

綺麗な肌を手に入れるためには肌代謝アップは大変重要で、スキンケア・や毎日の生活で肌の代謝を上げるようにしたいです。

赤ちゃんは代謝が良くて、弾力のあるぷるんとした肌★

こんな肌になるのは夢のまた夢・・・
でも、一歩でも近づけるようにしたい!


理想的な肌作り

血行が良くなると身体のすみずみまで栄養や酸素を送れるようになり、肌細胞が活性化します。

肌細胞は20代をピーク下降し始め、正常な肌の再生は28日サイクルですが、30代あたりから下降が加速して40代以降は年齢プラス10日と言われており、肌代謝を上げるために血行促進は重要です。

また、肌機能も低下してくるので、肌の弾力やハリに関わる角質層のコラーゲンやヒアルロン酸も減少してしまいます。

紫外線や肌への刺激によって発生する活性酸素による肌老化も肌機能の低下の原因ではありますが、抗酸化作用による肌老化抑制とともに、肌の代謝を上げることで肌機能を正常に近づけ、健やかな肌に導くのが理想的な肌作りの第一歩です。


肌の代謝を上げる方法

ジョギングをする女性

軽い運動
質の良い眠り
マッサージ
炭酸水を利用
血行促進に効果的なスキンケアを使う

どれもそんなに難しいことではないのですが、継続することが大事。

1つの方法を続けるのではなく、運動は苦手であればぐっすりと眠れるようにするなど、自分に合った続けやすい方法をチョイスすると良いです。

寝ている間に肌細胞だけではなく、身体全体の細胞の修復が行われるので、寝ている時間の長さよりもリラックスして眠れる環境を整えるのが大事かも知れませんね。

また、炭酸水を使うと血管が拡張して血流の流れが良くなります。

スキンケアに利用するとしたら、洗顔の最後に炭酸水で顔をすすぐと血行が良くなり肌代謝アップにつながります。
(ちょっと贅沢な方法ですが・・・)

炭酸同様、血行促進に効果的な成分を含んでいる植物もあるので、毎日のスキンケアに活用したいです。

7/18にアップしたABCオーガニックのコラム「日本人が色白好きでシミを嫌う理由とシミを作らせないシミ対策」の中にも血行促進に効果的な植物の一例をあげていますが、こちらでも一例をご紹介。

血行促進作用を持った植物の一例
ローズマリー
ローズヒップ
白樺樹液
スイカ
ヨモギ
ドクダミ

※ショップ内でこれらを含んだ商品を確認できます。


肌の代謝が良くなると肌はどうなるの?!

フェイスマッサージをする女性

肌の代謝アップ

肌細胞の活性化

肌の再生が正常に近づく

肌細胞の活性化によって、皮膚構造の真皮層にあるコラーゲン・ヒアルロン酸などを合成するようにしてくれる線維芽細胞の働きが良くなるので、コラーゲン・ヒアルロン酸などの水分を蓄える力が増え、弾力のある肌、ハリのある肌に導いてくれます。

肌の再生が整うと、不要となった古い角質が剥がれやすくなるので、肌のくすみ、肌のゴワツキ解消ができ、浸透の良い透明感のある肌になります。

また、古くなった角質が毛穴をふさがなくなるので、毛穴に不要な皮脂が溜まらなくなり、毛穴の開き・黒ずみの原因解消にもなります。

さらに、肌の再生が整うと、シミの元となるメラニン色素を肌の奥から追い出しやすくなるので、肌のシミ予防にも良いです。

毛穴の開き・黒ずみが気になると、皮脂を取り除いたり皮脂分泌のコントロール改善を第一に考えますが、肌トラブルの原因は1つではなく、いくつかの原因が重なり起こっていることが多いので、ご自身の肌状態をチェックしてスキンケアを選ぶと良いです。



夏の肌は水分不足になりがち!水分補給と肌を冷やす

水

肌の乾燥は、ただ単に乾燥してカサカサするばかりでなく、肌のシワ・たるみの原因になります。

肌の乾燥を放っておくと、まだまだ若い肌でいられるはずの30代なのに、ほうれい線や目の下のたるみなどが出てきてしまうかも知れません。

スキンケアで乾燥肌対策も大切ですが、毎日の生活で気にして欲しいのが水分補給


夏の肌も乾燥しやすい

肌の乾燥しやすいのは空気が乾燥している時期ですが、実は夏も肌が乾燥しやすい時期なのです。

体温は身体がちゃんと調整してくれているので、いきなり高熱になることはなくても、夏の暑さで顔の温度が上がってしまい、顔から放出される水分が多くなり、化粧水などで吸収する水分の方が下回るために肌が乾燥してしまう可能性があります。

身体は冷やさない方が良いですが、肌は冷やした方が顔から放出される水分が少なくなるので良いので、顔が火照るほどの場合にはタオルなどで冷やした方が良いです。

さらに、日本の夏は湿気が多くエアコンで湿度を下げて室内温度を快適にするため、空気が乾燥して肌の水分量も下がってしまう可能性大!

肌の乾燥は、空気が乾燥する時期ばかりでなく、暑い夏も気を付けた方が良いです。


インナーからも水分補給でハリのある肌に

海辺とラムネ

夏は熱中症対策で水分補給をするようにしていますが、肌も同じでインナーからの水分補給が大切です。

皮膚の中の構造で、角質層の中にはコラーゲン・ヒアルロン酸などが水分を溜め込むようになっていますが、肌から吸収した水分はほんのわずかで、口から飲んだ水分量(口径補給)が決め手となります。

25歳くらいをピークとして、加齢によりコラーゲン・ヒアルロン酸などは減少してくるのですが、いくら水分を溜め込むことができても水分不足ではコラーゲン・ヒアルロン酸も宝の持ち腐れとなってしまいます。

コラーゲン・ヒアルロン酸などが水分をしっかりと蓄えてくれるから、ハリのある肌でシワ・たるみが出来にくくなり、弾力のある肌でプルンとしていられます。

スキンケアでエイジングケアをするばかりでなく、水分をしっかり摂った方が良いです。

さらに、水分不足は便秘の元。

便秘になると腸内環境の悪化から肌荒れ・ニキビなども起こってしまいます。

水分の取り過ぎは腎臓に負担が掛かり、むくみやすくなるので、美肌作りを考えたら程良く水分補給をするように心掛けましょう!


スキンケアでも肌悩みに合った水分補給を忘れずに!
化粧水の商品ページ ABCオーガニック >>

abcオーガニック セレクトショップ

夏でも快適! さっぱりとした使用感が欲しいから美容オイルを導入オイルとして使う

美容オイル いろいろ

アルガンオイル・ホホバオイルのような美容オイルは肌を保護・保湿するばかりでなく、敏感肌・肌荒れ・エイジングケアなどに効果的な美容成分を含んでいて、年間通して使いたいと思っています。

ベタつかず使いやすいオイルと言ってもオイルはオイルで、フェイスケアの場合肌に残るオイル感を少なくして、快適に使いたい。

特に朝はスキンケアの後にメイクをするので、オイル感を少なくして早めにメイクをしたいものです。

そこで、夏の温かい時期の美容オイルの使い方をちょっと工夫するだけで、肌で感じるオイル感がぐっと減少して、夏でも美容オイルが使いやすくなるのでお伝えしたいと思います。

夏でも快適! 乾燥肌・肌荒れ・敏感肌に使いたい美容オイル / ABCオーガニック >>


導入オイルとして使う

洗面所

美容オイルとして使われている美容オイルのほとんどに、オレイン酸・ワックスエステルなどの皮脂が含んでいる脂肪酸などを持っていて、肌なじみが良いです。

油分は肌にフタwすると言うイメージがあるかと思いますが、実は洗顔後のクリアな肌に美容オイルを使って化粧水を塗ると、美容オイルが先に肌に浸透し、化粧水を引き込むように浸透良くしてくれる効果を持っています。

水分と油分は混ざらないので化粧水がはじいてしまいそうですが、これが導入オイル(ブースター)として使われる理由です。


導入オイルで肌がしっとり潤いアップ

ココロコスメ バオバブオイル3種類2

肌は甘やかさない方が良い。
だから、最低限のスキンケアで。


このことはスキンケアの基本でもあるのですが、乾燥肌・敏感肌・年齢肌など、肌トラブルを起こしていれば話は別です。

洗顔後の肌に肌悩みに合ったお好みの美容オイル2~3滴顔全体に伸ばしてから、顔全体を覆うようにしながらハンドプレスで美容オイルの浸透を良くします。

その後、化粧水を多めに顔全体に伸ばして、さらにハンドプレスをします。

美容オイルを使っているので大丈夫そうですが、マッサージとは違うのでオイルが少なめなので、擦らずに肌に刺激を与えない方が良いです。

ココロコスメ バオバブオイル 液
(ココロコスメ バオバブオイル)

美容オイル⇒化粧水 で肌に水分と油分を与えた肌は、しっとり感があるだけでベタつきやオイル感が気にならないので、さっぱりとしたスキンケアをしたい夏の時期は最適です。

さらに、スキンケアをした後に油分が肌にたくさん残っているとファンデーションが浮いてしまうので、スキンケアをした後に肌が落ち着くまで少し時間をおいてからメイクをした方が良いんですね。

美容オイルを導入オイルとして使うと、同じ美容オイルと化粧水を使っているのに、ファンデーションが浮かずにメイクができます。

夜のスキンケアは、しっかりと保湿したいのであれば、
美容オイル⇒化粧水⇒美容オイル

こんな使い方をすると手厚いスキンケアができます。


夏でも快適! 乾燥肌・肌荒れ・敏感肌に使いたい美容オイル / ABCオーガニック >>

abcオーガニック セレクトショップ

【ココロコスメ オーガニックココナッツオイル】は肌・髪・リップなどの全身ケアに効果的

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 中1

少し前にココナッツオイルをコーヒーに入れたり、食で利用するのがブームになりましたが、ココナッツオイルはスキンケアに使っても美肌に効果的。

若返りのビタミンと言われる ビタミンEを多く含んでいるのでエイジングケアに、保湿力が高く抗菌・抗炎症作用があるので、乾燥肌・ニキビ肌・肌荒れ・敏感肌の方にオススメしたい美容オイルです。

20度~25度で固体から液体になるのですが、クレンジングやがガサガサ、のパサつきなどヘアケアにも使えて、暖かい時期は液体のままにしておいて、ササっと使えて便利です。

しかも、ココロコスメ オーガニックココナッツオイルは、オーガニックココナッツオイルで、口にしても害がないからとっても安心。

ココナッツオイルは甘い香りで好みが分かれるかと思いますが、美容オイルとしての美肌に効果的な部分をフル活用したいですね!


ココナッツオイルの特徴

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 4

主な脂肪酸は、ラウリン酸(抗菌・抗炎症)、ミスチリン酸(肌老化防止)、パルミチン酸(皮脂分泌抑制)。

美容オイルのなかでも、肌荒れ・敏感肌・ニキビ肌などの肌トラブルケア・防止に向いています。

ニキビ肌は皮脂が多いのになぜ美容オイルを・・・
と思いがちですが、10代のニキビと違って乾燥肌で肌が危機感を感じ皮脂を多く出している場合があるので、乾燥肌+ニキビ肌って言う方も多いんですね。

ニキビ肌だから美容オイルなどの油分はゼロと言うのは肌にとって危険で、程良く使うことでニキビのできにくい肌にしていく。

美容オイルの中に含まれている脂肪酸のオレイン酸は、アクネ菌のエサになるからニキビ肌にはグレーゾーンと言う美容オイルがあるけど、ココナッツオイルはオレイン酸が含まれていないので、20代・30代の大人ニキビのケアに適しています。

ココナッツオイルは、母乳に含まれるラウリン酸を含有している美容オイルなんですね。

しかも、ココナッツオイルの持つ脂肪酸のうち約50%を占めていて抗菌・抗炎症作用があるので、肌荒れ・敏感肌・ニキビ肌などに効果的です。

肌を健やかな状態に保つために常在菌がいるのですが、何らかの原因によって常在菌が増えたり減ったりします。

良く知られているのが常在菌であるアクネ菌と黄色ブドウ球菌で、アクネ菌が増殖するとニキビができやすいくなり、黄色ブドウ球菌が増殖すると肌がかゆくなる。

さらには、肌荒れ・敏感肌を起こしてしまいます。

こんなニキビ肌や肌のかゆみと言った肌トラブルをココナッツオイルの抗菌作用で起こりにくくし、肌荒れ・敏感肌などの炎症には抗炎症作用が役に立ちます。

ココナッツオイルはビタミンEも豊富で、ストレス・過労などで多量に発生する活性酵素を除去する働きの抗酸化作用を持っていて、肌のシミ・シワ・たるみなどの肌老化防止に役立つので、エイジングケア世代に効果的。

保水・保湿できる肌にするのはスキンケアの基本で、抗酸化作用と言っても目に見えない部分なので、いきなり肌に変化が出ることではないのですが、肌にシミ・シワ・たるみができる前にエイジングケアを意識したスキンケアにした方が将来的な美肌作りに役立ちます。

となると、30代・40代・50代の方はどうなの・・・となりますが、思い立ったが吉日で、肌悩みに応じたスキンケアで抗酸化作用を持ったスキンケアにすることで、肌老化抑制につながるので遅いと言う事はないです。

ココロコスメ ココナッツオイルの使い心地

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 2
(スパチュラは付属していません。)

冷蔵庫から出したばかりのオイルが固体になっている状態の写真です。

スパチュラでココナッツオイルの表面を削るようにして使っています。

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 肌に伸ばして1
(ココナッツオイルを肌に伸ばして)

20~25度であっという間にとろけてオイル状になるので、簡単に肌に伸ばせます。

肌に伸ばしたばかりはオイル感いっぱいでギトギトして見えますが、ココナッツオイルはサラッとしているんですね。

肌なじみが良く、手の平で伸ばしていくとベタつきがなく肌にヴェールを掛けたようになります。

写真のケースのココナッツオイルは溶けている感じになっているのが分かると思います。

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 塗った肌
(ココナッツオイルを塗った肌)

ココナッツオイルを塗ったばかりの時はオイル感が肌に残っていますが、10分ほどでオイル感が消えていきました。(塗った量にもよる。)

ココナッツオイルは固体になっている状態で使うので美容オイルと言う感じはしないかも知れませんが、美容オイルなので1回使用量はわずかでいいんですね。

1回量はこのくらいと言うのではなく、ご自身にあった程良い量を決めて使うと良いと思います。

また、朝は少なめにして夜は多めにするなどもOK!

ココナッツオイルを使っていると肌が柔らかくなった感じなんですね。

これは上質の美容オイルの特徴でもあって、肌が柔らかくなると肌の再生が整い古くなった角質が剥がれやすくなる。

さらに、角質が溜まらないと言う事は肌がくすみにくくなる。

ココナッツオイルに限ったことではないのですが、美容オイルをうまく使うと乾燥肌・敏感肌・肌荒れの抑制ばかりでなく、肌状態を正常な形に戻すのに役立ちます。

どんな美容オイルを使うかは美容オイルの持っている特徴も様々なので肌悩みに合った美容オイルを使った方が良いのですが、混ざり気のない美容オイルを使うことで肌への負担が掛からずオススメです!(^^)!

サラッとした軽い使い心地で南国を感じさせる夏のスキンケアですが、ココナッツのほんのりとした甘い香りを好きかどうか、好みが分かれるかと思います。

香料ではなくナチュラルな天然のココナッツの香りなので、つけていて香りは消えやすいです。


ココナッツオイルの使い方

・美容オイルとして
・クレンジングとして
・オイルパック
・オイルマッサージ
・手荒れ
・髪のパサつき
・全身の肌の保湿・保護
・ベビースキンケア

ココナッツオイルは抗菌・抗炎症作用、抗酸化作用を持っていて、全身に使える美容オイルです。

🌸使い方はショップ内の商品ページにあります。
ココロコスメ オーガニックココナッツオイル / ABCオーガニック


内容量・価格

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル 3

内容量: 45g
価格: 1,300円(税込)
送料: 185円


全成分: 天然100%ココナッツオイル

【こんな方におすすめ】
・肌が弱くてすぐ肌が乾燥する
・敏感肌・肌荒れの方
・皮脂不足の方
・スキンケア全体でエイジングケアをしている方


こんな方の夏のスキンケアに良いかと思います。

夏の温かい時期は常温で液体になっているので、100均や手持ちのミニボトルに入れてバッグに入れておけば、肌・髪・リップなどにササっと使えます。

大変お手頃価格なので、持っていると便利です。


🌸詳細・購入はこちら⇒ココロコスメ オーガニックココナッツオイル / ABCオーガニック

ココロコスメ オーガニックココナッツオイル バナー1


食器洗いで手荒れの方必見!完全無添加オーガニック石鹸【ナーブルスソープ】をキッチン洗剤として食器洗い

石鹸で食器洗い1

主婦のお仕事のひとつ 食事の支度につきものの食器洗い

一般的なキッチン洗剤は、食器についた油を落とすために界面活性剤がけっこう強いんですね。

食器洗いのあとは手がガサガサして手荒れをしてしまう方も少なくないと思います。

完全無添加石鹸は万能で、キッチン洗剤としても使えて、肌にも優しいから手荒れの心配がない!

ABCオーガニックのショップで取り扱っている石鹸はすべて無添加石鹸なのでキッチン洗剤として使えるのですが、食器に香りがつく可能性があるので、石鹸素地100%でオーガニックオリーブオイルのみのナーブルスソープ ナチュラルオリーブオイルを使ってみました。

ナーブルスソープ ナチュラルオリーブオイル / ABCオーガニック


石鹸をキッチン洗剤として使ってみた

石鹸で食器洗い3

石鹸を食器洗い用のスポンジに数回擦りつけて泡を立てますが、スポンジを使っているので簡単に泡立って、食器を洗うのに十分な泡ができます。

食器は使い終ったあと水につけておいただけで、料理に入っていた油は特別に取ってはいません。

石鹸で食器洗い5

一般的なキッチン洗剤で洗ったのと変わらない使い心地で、まったく不便はないです。

食器10数個を洗ってもまだまだスポンジに泡は残っていました。

石鹸で食器洗4

泡を流水で流すとお皿はピッカピカでヌルつきがなく、ちょっと気になっていた石鹸カスもついていないようです。

石鹸で食器洗い6

見た目では分かりにくいのですが、ガラス製のコップもクリアになります。

完全無添加で髪や全身洗える石鹸と言うのは分かっていましたが、食器を洗ってみようと思ったのは初めてなんですね。

キッチン洗剤で手荒れをしてガサガサになった経験もあるのに迂闊でした・・・(^-^;

全自動食器洗いを使わない方は食器洗いからは逃れられず、手荒れになってしまう方も多いんですね。

ナーブルスソープのような完全無添加石鹸なら、手荒れの心配がなくて川や海を汚すことがないので環境にも優しい。

手荒れでハンドケアをするのも大事ですが、手荒れをしない工夫も必要かと思います。

今回はナーブルスソープ ナチュラルオリーブオイルを使ってみましたが、天然とは言え香りの強いものは食器に残る可能性があるので、香りのない石鹸を使った方が良いですね。


ナーブルスソープ ナチュラルオリーブオイル / ABCオーガニック

ナーブルスソープ 1周年記念バナー


クレンジングできる洗顔石鹸【ナーブルスソープ】でメイクオフできない時の解決方法

ナーブルスソープ 死海の泥5

完全無添加オーガニックオリーブオイル石鹸のナーブルスソープは、クレンジングできる石鹸で、肌に負担となりやすいクレンジング剤を使わなくて良いので、肌荒れ・乾燥肌、敏感肌の方は特にクレンジングとして使ってみて欲しい洗顔石鹸なんですね。

クレンジングできる石鹸と聞いても、本当にメイクオフできるのか・・・
と思われる方もいらっしゃると思います。

どんなメイクでも一度でクレンジングできると言うのではなく、メイクに配合されている成分によってメイクの落ち方に違いがあるので、アイメイクが落ちないなどの解決方法をお話しします。


一度でクレンジングできない場合の解決方法

ナーブルスソープを使ってクレンジングしても、肌に何だかメイクが残ってしまっている場合があります。

ミネラルファンデーションなど、肌への負担を考え肌に優しいファンデーションでも種類によって一度洗顔しただけでは落ちない場合があります。

このように一度でクレンジングできない場合は、W洗顔が良いです。


肌にメイクが残っていると、見た目でメイクの色が肌についていて確認できる場合と、肌に触れた時に指が滑らないと言った場合があります。

メイクが肌や毛穴に入り込んだままでは、肌トラブルの原因となってしまうので、完全にメイクはオフしたい。

よほどのコスメでない限り、W洗顔すればメイクは肌から落とせますのでお試しください。

また、W洗顔をしてもまったくメイクが落ちない場合は、コスメが肌の負担になっているのではなく、メイクとナーブルスソープが合わないだけです。

この場合は3度の洗顔では肌の負担になってしまうので、ナーブルスソープのみでのクレンジングは諦め、ナーブルスソープの前にキャリアオイル(美容オイル)を使ってのクレンジングをし、ナーブルスソープで洗顔をする方が良いです。

美容オイルを使ってのクレンジングはショップ内のコラムにあります。
アルガンオイル・ホホバオイルなどの天然100%オイル(キャリアオイル)を使ったクレンジングのやり方

よろしかったら参考になさってください。


アイメイクが落ちずにパンダ目になってしまう解決方法

ウォータープルーフなどの落ちないマスカラなどは、コスメの種類によってクレンジングできずに、目の周りが真っ黒になってパンダ目になってしまう場合があります。

肌に負担を掛けずにクレンジングしたいのであれば、パンダ目になるのを解決したいですよね。

解決方法は2つ。

アイメイクのみ美容オイルを使って部分的に落としておく。

アイメイクのみW洗顔をする。

ここで言うオイルはクレンジングオイルではなく、アルガンオイル・ホホバオイルなどのキャリアオイルです。

メイクは油分なので、肌から剥がすにはオイルが最適なのですが、メイクオフしたオイルを今度は化学合成成分の界面活性剤を使わずに肌から落とさなければいけないので、洗顔前にコットンかティッシュでオフしてから洗顔します。

手間が掛かってしまうのですが、メイクは油分なので、肌から落とす時には界面活性剤が必要で、通常使っているクレンジング剤は洗浄力が強く、肌に必要な皮脂まで取り過ぎてしまったり、肌を丸裸にしてしまうので乾燥肌・敏感肌・肌荒れの原因になってしまう場合があります。

肌のことを考えると自然のちからでメイクオフしたいので、キャリアオイルでのクレンジングが良いです。

また、ほんの少し洗浄力が足りない場合もあるので、目の部分だけW洗顔をします。

いくら肌に負担とならない洗顔石鹸でも、必要以上に洗顔をすれば皮脂を取り過ぎてしまう可能性があり、肌を守っているセラミドが肌から流出してしまう可能性もあります。

落ちていない部分だけ落とす方が肌への負担となりません。

ショップ取扱いのオイルで質が良くTリーズナブルなのはココロコスメのオーガニック美容オイルで、レビューを記事にしていますので、よろしかったらご覧になってください。

ナーブルスソープ ダマスクローズ バナー2-1


洗顔・クレンジングはスキンケアの基本中の基本

肌荒れ・敏感肌・乾燥肌の方は、特に気にして欲しいのが洗顔・クレンジングで、お使いの洗顔・クレンジングで肌を弱られている可能性があるんですね。

肌への負担を考えると、ナチュラルにメイクオフしたい。

強過ぎない洗浄成分で、化学合成成分を使っていないメイクオフ方法をおすすめします。

美容成分を与えるのも必要ですが、良い美容成分を与えるより肌をクリアにする洗顔・クレンジングがスキンケアの基本です。

ナーブルスソープを使うようになってから、クレンジング剤はまったく使っていません!

それでも、肌がごわついたり、肌トラブルを起こしたりしないのは、肌がクリアになっている証拠だと考えます。


ナーブルスソープの口コミ

現在、ナーブルスソープの口コミは死海の泥のみなのですが、以下のような評価をいただいています。

ナーブルスソープ 死海の泥 口コミ

ナーブルスソープ 死海の泥 口コミ1

ナーブルスソープ 死海の泥 口コミ2

ナーブルスソープ 死海の泥 口コミ3

ちょっと読みにくいかも知れませんが、クレンジングとして使っている方が多く、クレンジングできる石鹸は満足いくものがあまりないのですが(私の経験上)、ナーブルスソープは本当にしっかりとメイクが落とせます。

但し、メイクとの相性があるようで、コスメに配合されている成分によって違いがあるので、一度でメイクオフできる場合とW洗顔の必要がある場合があります。

ナーブルスソープでクレンジングの事は、別記事でお伝えしたいと思います。


ナーブルスソープの容量・価格

ナーブルスソープ ダマスクローズ9

容量: 100g

ナチュラルオリーブオイル、タイム、死海の泥、ぶどう、アボカド、ダマスクローズ
価格: 1,490円+税

ザクロ、山羊ミルク
価格: 1,600円+税

ザクロと山羊ミルクは限定品で、ナーブルスソープの原産国である パレスチナからレギュラーバージョンとは別に入荷されているので、お値段が別になっています。

7/14まで 送料無料です!

しかも、通常のポイントバックは1%なのですが、ナーブルスソープはいつでもショップポイント5%バックなので、ショップ会員になってからご購入いただくとさらにお得になっています。

1,490円+税の場合、80ポイントバック
1,600円+税の場合、86ポイントバック

※税込価格の5%バックで、1ポイント=1円

お得にナーブルスソープがご購入できるチャンスです!

ご質問などがございましたら、お気軽にメールまたはショップ内の「お問合せ」、LINE@のメッセージよりご連絡下さいませ。


肌が弱くて肌に負担が掛からないクレンジングを探している方
クレンジングできる石鹸を探している方


完全無添加オーガニックのオリーブオイル石鹸 ナーブルスソープをクレンジングとして使ってみてはいかがでしょう。


詳細・購入はこちら⇒完全無添加オーガニック 洗顔石鹸・ボディ石鹸【ナーブルスソープ】

ナーブルスソープ ダマスクローズ バナー2-1

Copyright © ABCオーガニック official blog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます